カテゴリ

カテゴリ:お出かけ・旅

12月東京紀行 01

カテゴリ:
20191220

今回は新幹線の車窓から富士山がキレイに見えた。新幹線の車窓風景で一番好きなのが富士山でその次が浜名湖。

ちょっと勉強のために東京に行ってきたのだが帰る前に日本橋界隈に行った。目指すは日銀! 日本の金融政策の総本山。そしてマイナス金利の元凶!(笑)ハッキリ言ってもはや金融緩和は限界を露呈してるのだが止めるに止められぬ事態に陥ってるだけだ。この後果たしてどうなることやら・・

191220_01

で、真の目的地は日銀ではなくその横の日銀貨幣博物館。前から行きたかったのだがやっと行けた。そしてこれが凄く面白い。古代から現代までの日本の貨幣、紙幣を展示し、さらにそれぞれの時代での経済事情、貨幣への人々の関わりを体系的に説明している。「国家は民を食わせてなんぼ」という象徴的なことをよく現わしている。ここは一見の価値あり。本物の大判小判見られるだけでも凄い。

191220_02

ショップコーナーで金塊を売ってたので買いました。970円。しかもキャッシュレス決済で5%還元。(笑)

191220_03

そして一億円の重さを知る。

191220_04

これは超有名なヤップ島の石貨。簡単に持ち運びできないくらいデカくて重たいのだがきちんと貨幣として使われていた。

なぜなら「この石貨はどこそこの誰それが持っているやつだ」と全島民が知っていたので貨幣として
流通したのである。つまりこれを持っているAさんがBさんに石貨を渡さなくても(現実問題持って行けない)これで羊を買うと言ったらBさんは石貨を受け取とって(置いてある場所はAさんのところ)、Aさんに羊を渡す、という経済行為を行っていた。そして他の島民はAさんの所にある石貨の所有権がBさんに渡っていることを知っている。こうして石貨は動かなくても人々の間を流通して回っていた。

これってまるで現代の仮想通貨に使われている「ブロックチェーン」という技術と同じ原理である。皆がその石貨がどういう商取引に使われたかを知っていてそれを追認するから流通するのである。凄いな。

191220_05

こちら亀有公園前派出所

カテゴリ:
P1030112

葛飾柴又を後にして亀有へ。ここは事前に観光地でもないから特に見る物は無いと言われていたのだが取り敢えずフラッと降りてみた。

P1030114

P1030116

P1030118


P1030121


そしたらあるじゃないか、観るべき物が。こち亀の両さん像!(笑)しかも駅前に一個だけじゃなく駅の周辺至る所に。最初は全部観て回ろうかと思ったがちょっと時間が無かったので地図を見て全部観たことにした。(笑)

P1030122


でも駅前のそこかしこのビルや路地裏なんかは少しタイムスリップしたみたいで昭和の匂いがそこはかとなく感じられた。

これにて東京紀行は終りです。

追伸:なんかね、ここから近くの私鉄の駅なんか「キャプテン翼」の作者の出身地だそうで駅構内がとんでもない状態になってるそうだ。時間なかったから行けなかったけど。(笑)

葛飾柴又! ②

カテゴリ:
190826_02


そして帝釈天の次に行ったのが山田洋次記念館と寅さん記念館。正直あまり期待してなかったがけっこう良かった。山田洋次記念館は映画の撮影機材やらも展示され、戦前から浅草の映画館で使われた映写機もあった。なかなか興味深い。
そして寅さん記念館は松竹の大船撮影所で使われた撮影セットをそのまま持って来たものでこれもけっこう面白い物であった。

P1030059


P1030064


P1030072
P1030066



葛飾柴又! ①

カテゴリ:
P1020999

P1030002

P1030010


先月コミティアに行きましたがその翌日、寅さんの地元葛飾柴又に行きました。いやいやなかなか良いところでしたね。映画で観たとおりの参道と帝釈天。

P1030009


寅さんの実家のモデルになった店。実際にここで撮影されたて当時使われていた階段も店の中にそのまま残っている。ここで草団子を食して帝釈天に参拝いたしました。

P1030014

P1030015

でも実際に観ると「あれ? こんなに小さかったかな・・」という感じでした。

続く


大宮鉄道博物館紀行③

カテゴリ:
P1020956

P1020957

P1020960

P1020963

P1020953



様々な車輌の展示を楽しむ中、奇遇というか驚いたのが「欧亜連絡国際列車」の展示。実はつい最近ミステリー作家の芦辺拓氏の最新本「おじさんのトランク」を読んだのだがその中に出てきたものなのだ。
東京~パリ間を結ぶ国際列車。明治にすでにこういう列車が走っていたことが驚きだ。東京からパリまでの切符を買って日本の国鉄、関釜連絡船、朝鮮総督府鉄道、南満州鉄道、シベリア鉄道、ポーランド国鉄、ドイツ国鉄、フランス国鉄を乗り継いでの15日間の行程。
船旅だと2,3ヶ月かかるのをわずか2週間ほどで行くのだから当時としては凄く早い。今でもこれを復活させたら人気出るんじゃないか? 朝鮮半島経由は難しいだろうからウラジオストック辺りからシベリア鉄道を経由して。戦前に実際にこれに乗って欧州へ旅行した人もいるんだろうと思うとノスタルジーでロマンティック。

P1020973

P1020978

帰りは北陸新幹線のあさまに乗って東京へ。これで以前乗った上越新幹線とあわせてJR東日本の3本の新幹線に乗った。(笑)

葛飾柴又編に続く・・

このページのトップヘ

見出し画像
×