カテゴリ:

160214_02 さてこの漫画の原稿は4月に詳しい講評がついて講談社から返ってくる。内容はアスリート養成を目的とした美星学園のセレクションを突破する物語だ。

そのため今回の漫画は連載第一回めのようなエンドになっていてその辺りも若干評価を下げた側面もあると言われた。
続きはけっこう長丁場になるのだが自分の薄い本で出していきたいなと思っていたんだが今回の受賞で版権が講談社にいっちゃった。こういう場合でも著作権者が自分の薄い本にできるのかどうかよくわからん。まあ、今のままでも本に載ることは無いので時が来たら講談社には訊いてみるけど。