カテゴリ:

091031  先週の彦根の「ゆるキャラサミット」は行き損ねたが今日の長浜の「戦国英雄コンテスト」は行って来た。なかなか面白かったぞ。地元のケーブルテレビやNHKも取材に来ていた。
 

091031_02 出陣式(豊国神社)

091031_08 時空を超え六天大魔王信長の後を独眼竜政宗が行く

091031_09 優勝者の「柴田勝家&羽柴秀吉」 秀吉は女性

091031_06 ゆるキャラ来たー!! 左より地元の「ニャン部様」、東京から出陣してきた「ユッキー」、なんの工夫も無い「ひでよしくん」

 今回は第一回目ということで参加者は58名。ただ募集締め切りまでの告知期間が短かったため大半は地元浅井郡湖北町の「手作り甲冑なんとか会(笑)」の人になってしまったそうだ。この方達は地元なので当然、浅井長政の一家。一般からの参加者が織田信長、伊達政宗、羽柴秀吉、黒田如水、蒲生氏郷(かなり渋い選択)等々思い思いの戦国武将をコスプレしていた。しかも女性が多いのは驚いた。彼らの衣装はすべて手作りで2日も3日も徹夜して作ったんだって。茨城県から来ていた人もいた。彼らの「好きなこと」に対する熱意には頭が下がる。黒田如水の一発芸には笑た。
 もっとも彼らの熱意に対して主催者側の運営上の不手際がちょっと目立ちすぎ。午後1時半からパレードの開始なのにその時間になってもまだ着替えてる人がいて出発が大幅に遅れた。しかも途中での曳船博物館での口上も時間が無いと省くし、大通寺の舞台は西側に設置されていて午後3時からの参加者のパフォーマンスは逆光で観客からは観にくかったし、マイクはブチブチ音切れしてセリフが聞こえない。これでは参加者が可哀相だ。まだ一回目ということを割り引いてもかなりひどい。来年以降の為にも主催者の猛省を促す。
 最近はどこもかしこも昔からの祭りに加えて地域活性化ということでいろんな新しいイベントをやるようになったがやればいいというものではない。やる以上は一定レベル以上のものをやらないと誰も見向きもしなくなる。逆に成功したらなによりもその地域にとっては誇らしいことになる。結局
地域活性化って単に観光客を呼ぶことじゃなく「そこに住む人たちが自信と誇りを持って郷土で生きていける」ことを目指すことじゃないだろうか?

 その後、郷土料理の長浜名物「のっぺいうどん」を食して帰宅。家でNHKのニュース観てたら行列と一緒に歩くわしが映ってた。いやん、恥ずかしい。(爆)