カテゴリ:
Dyzzaj5t 第二コーナーイン側より撮影。

Fr1yamau






LUMIX FZ10
シャッター速度優先モード:1/800秒
露出:−1
ホワイトバランス:オート
感度:ISO50
焦点:マニュアル
倍率:12倍



Qej5wztl






LUMIX FZ18
シャッター速度優先モード:1/800秒
露出:−1
ホワイトバランス:オート
感度:ISO50
焦点:マニュアル
倍率:18倍


Deoyv0vl シケインから最終コーナーを過ぎ、グランドスタンド前のストレートに突っ込んでいくマシン。


LUMIX FZ10
プログラムモード
露出:−1
ホワイトバランス:オート
感度:ISOオート
焦点:オートフォーカス
倍率:7倍



 第二の撮影ポイントは第2コーナーのイン側である。ここは観戦ポイントが他の場所以上にコースにグッと寄っているのでド迫力の写真が撮れる。鈴鹿サーキットではここを「激感エリア2」と呼んでいる。ちなみに「激感エリア1」は第1コーナーイン側である。
 グランドスタンド前のストレートから第一コーナーに突っ込み、そこからすぐに続くコーナーであり、マシンのスピードはヘアピンの比ではない。だからここでの写真はほとんど失敗した。数十枚撮影してまともにマシンを捉えられたのは十数枚。それもピンボケを除くとまともな写真は10枚そこそこという体たらくである。[E:shock]
 いや、言い訳するわけではないがこれだけ近い場所でしかも速度が100kmをはるかに超えようかという被写体をファインダー覗きながら流し撮りは素人には難しいよ。さらにパナソニックさんが今月末に発売予定のFZ18を貸してくれたのだが18倍ズームはさらに被写体によるのでもっと条件が厳しい。その分、上手く写せたらさらに大迫力の写真になるけど。[E:shock] 
 でもこのFZ18、正直言ってこの大きさ、軽さで広角28mm、18倍ズーム、810万画素とくればこれ一台あれば普及版の一眼レフなんていらねーぞ。くそ、FZ10、もう古いし、まじ欲しくなってくる。パナソニックも上手い商売やるもんで・・[E:smile]