カテゴリ:
Bygpxm90
 去年12月に書いたリコーのデジカメカプリオR3に関するデジカメ検討という記事に昨日二つのTBがついたのだが残念ながらちょっと鮮度の落ちたTBである。カプリオR4の宣伝TBなのだが既に先月新製品のR5が出た。デザイン的にはあんまし変わってねーな。

 わずか1年足らずで2世代ものモデルチェンジである。(パソコン界では半年毎の新モデル登場は常識だが・・)R4はR3に比べて画素数が500万から600万に増え、さらにR5では700万画素に増えた。バナナのたたき売りじゃあるめーし、そんなにちょっとずつ画素数増やしてどうする? もっともR5では他に画像エンジンの一新やISO感度のUPもあったようだがだったらR4はいったいなんだったんだ? 余計なモデルだったんじゃないか? 
 デジタル時代になってからカメラに限らずAV関連の製品全般に言えることだがあまりにモデルチェンジが煩雑すぎる。もういい加減、やめて欲しいものだ。特にデジカメは単に画素数を増やしただけでは単純に高画質になるとは限らないってのは世間の常識だ。R4買った人怒るぞ。

 それにしてもアフリェイトのブログは大変だな。せっかく記事書いても一ヶ月もしないうちに肝心の製品情報が陳腐化するんだから。[E:shock]