カテゴリ:
 闇に浮かび上がる人の怨念 金輪の女
Cmptuek5  本日は京都下京区へ取材に行ってきた。晴明マンガに出てくる橋姫(金輪の女)が住んでいたところにあったという「金輪の井」である。京都ではどこにでもあるなんの変哲も無い路地の奥にそれはある。ごく普通の入り口を入っていくとそれは3軒の民家に挟まれひっそりと佇んでいる。
J6uitmcx 能楽や御伽草子の「金輪」の話はある女が浮気をした夫を呪い殺そうとして深夜貴船神社で呪詛を行う。やがて明神の宣託があり、「鉄輪」に灯をともして頭にいただき朱を顔に塗り怒りの心を持てば願いがかなうと告げる。この教えに従って鬼となった女が夫を取り殺そうとするのだが陰陽師の安倍晴明によって追い払われ、ここの井戸に身を投げて死んだという。
 この話しの元になったのが平家物語で描かれる宇治の橋姫伝説で同じような姿をして足に松明をくくりつけ大和大路を走りぬけ、宇治川に入水して鬼になったという話である。こんな伝説を持った井戸が残ってるんだからほんに京都は恐ろしい魔界都市である。

79qqogd6 もちろんわしのマンガに出てくる橋姫は怨霊だが明るいおちゃめな怨霊である。[E:smile]


 下京区堺町通り万寿寺上がる鍛冶屋町 市営地下鉄烏丸線 五条駅下車東へ10分。