pixivMARKET 顛末記

カテゴリ:
180610_01

6月10日、東京池袋サンシャインで開催された「pixivMARKET」にサークル参加してきた。

pixivとは知ってる人も多いだろうが2007年(平成19年)9月10日に創設された会員制のイラストに特化したSNSだ。2018年の今年2月に会員数は3,000万人を超えたバケモノSNSである。いろんな事業を行っているが今回初めて「pixivPAY」という決済アプリを使った世界初?のキャッシュレス同人即売会を主催した。まさか同人即売会ごときでそんな時代が来るとは正直思わなかった。pixivとしてはいろいろな思惑があるんだろう。世界はスマホ決済では日本より遥かに進んでいる。未だに現金決済に拘ってるのは日本くらいだ。もう間もなく中国のアリババの「アリペイ」も本格上陸してくるのでその規模たるや凄いものにはなるだろう。


同人活動の歴史・3

カテゴリ:
180608_04

我々3人は6年間まったく本が売れねー!ことに頭を悩ましていた。金銭的負担もさることながらさすがに精神的にメチャ堪えるのである。(笑)
特にこの頃の同人界のトレンドは一次創作より二次創作に明らかにシフトしていた。人気のアニメや漫画やゲームやラノベの可愛い萌えキャラの人気は日に日に高まっていた。もしくはエロ・グロ路線ね。(笑)

「二次創作に非ずんば同人に非ず!」

そんな風潮が蔓延する中ワシらのような無名の弱小創作サークルなど見向きもされない。そこでワシら3人は「二次創作」への路線変更を余儀なくされるのである!苦渋の決断。いや、単にそっちの方が面白そうじゃん、という単純な理由である。(笑)
実際人の作ったキャラで大儲けする同人プロにはいろいろ含むところはあるがそれはまた後の話にしておこう。

同人活動の歴史・2

カテゴリ:
180608_01

雷おこし同盟の活動は2003年6月から始まり、2012年5月に終わった。その間に出した本は創作4コマ本が8冊、けいおん!の二次創作本は2冊の形10冊の本を出すに至った。9年間で10冊なので3人のグループサークルとしてはけっこう頑張った方なのではなかろうか。3人とも仕事しながらだからね。

同人活動の歴史・1

カテゴリ:
2002_1208_151151-グループ展 006

元々学生の頃漫画家を目指してジャンプやサンデーに投稿を繰り返していたけどいつも佳作止まり。就職してからパタッと描かなくなり20年近くが過ぎた。そしてたまたま見かけた業界新聞の4コマ漫画募集にダメ元で応募してみたら採用されて1999年から業界新聞に4コマ漫画を連載するようになった。そんな中ネットで知り合った2人のお絵かき仲間と「雷おこし同盟」というグループを2001年に結成し、2002年に大阪でグループ展をすることになった。それが同人活動のとっかかりのようなものになったのかな。今でもそのうちの1人はまだ友達づきあいをしている。彼も今は東京在住だがコミケにサークル参加を続けているし。


液タブ導入

カテゴリ:
180604_01

思い切ってXPーPENの液タブArtisit 15.6を買った。清水の舞台から飛び降りるつもりで買ったがAmazonで税込み37,988円だったので財布は骨折せずに済んだかな? WACOMだったら同じ大きさだと10何万円はするだろう。骨折間違いなし。

このページのトップヘ

見出し画像
×