魔界都市京都!!

カテゴリ:
[E:signaler]魔界都市案内プロローグ[E:bus]

 1200年の歴史を誇る「王城の地 京都」は平安以来の歴史と文化を前提とした雅のイメージが強いが実はその裏には「隠された京都」、「京都人が語りたがらない京都」の歴史がある・・・
 そう、この京都には幸せを願う祈りと人を呪う祈りが混在しているのである。家族の幸せを祈る絵馬の横に人を呪う絵馬が並んで掛けられている、そういう人の心の魔性を延々と1200年に渡って蓄積してきた都市・・ それが魔界都市京都なのだ!

 そこで魔界都市という点に絞った旅日記的なものをゆっくりとUPしていこうかな と思っている。(笑)

 そういや魔界と言えばやはり安倍晴明ですな。稀代の陰陽師。映画にもなったしコミックにも小説にも取り上げられている。今年は没後1000年だ。



Ddxje5hw

懐かしのアメリカアニメ 1?

カテゴリ:
[E:cat]昔はアメリカアニメ全盛だった
 昔のアメリカアニメが懐かしい。幼少のみぎりはアメリカアニメを見て育ったものだ。なんせテレビでは毎日のようにアメリカ製のアニメをやってたから。有名なポパイやディズニー、トムとジェリーの他にクマゴロー・珍犬ハックル・ドラ猫大将・早打ちマック・ウッドペッカー・ヘッケル&ジャッケル・マイティマウス等など数え上げたら切がない。(しかしこれでは歳がばれるな・・[E:shock])
 昔のアメリカアニメは面白かった。キャラが強烈だし、むちゃくちゃなアクションも多かった。頭にアイロンが落ちて平になったり、口の中で花火が爆発したり、目玉は飛び出す、舌も飛び出す。[E:smile]今考えたら残酷な描写だけど、体を張った?キャラたちの荒唐無稽なギャグに当時はゲラゲラ笑ってたもんだ。
 それに比べて今のアメリカアニメは嫌いだ。シュレックにしろニモにしろCG全盛でかえってキャラに魅力がない。CGアニメは動きは凄いがキャラの表情にうそ臭さを感じる。やはりアニメはマンガっぽくデフォルメされたキャラが画面狭しと暴れまわるのがアニメではないのか?
 ちなみにわしの一番好きなアメリカアニメは「チキチキマシン 猛レース」なのだ。

 これシリーズ化していい?[E:smile]

Uoc0ypnc

この国は詐欺師だらけか?

カテゴリ:
Lzzzgbyb [E:spa]温泉偽装事件[E:spa]
 白骨温泉の入浴剤混入事件以来日本全国のあちこちで温泉の偽装、詐欺が芋づる式に発覚してる。わしは温泉が大好きで月に一回は近隣の温泉に出かけている。あの大自然の中で温泉につかる気持ちよさ・・ 最高ですぜ、お客さん!![E:smile] 
 件の白骨温泉も20年前ぐらいに入ったことがある。渓谷の川沿いにひっそりとある無料の露天風呂で確かにお湯は白かった。草津温泉と同じだなと思って入ったものだがまさか草津の「湯の華」を入れてたとは・・もっとも20年前ならいくらなんでも入浴剤は入れてなかろう。[E:smile] 温泉に行く人たちはリラクゼーションとともにやはりお湯の効能を求める。それが全部嘘っぱちときては温泉大好き人間としては開いた口が塞がらない。
 もっとも温泉事情に詳しい人なら大半の温泉が循環式であったり冷泉を沸かしてたりと言うのは常識であり驚くことではないと言う。わしもそれについてはあまりとやかく言うつもりはない。しかし許せんのは水道水や井戸水を沸かして温泉と偽ってたやつらだ!!そりゃただの銭湯だっつーの![E:angry]しかもご丁寧に入湯税まで取ってそれをまた町が黙認してたところもあると言う。それは完全な犯罪、詐欺だ。行政も加担してたとあってはオレオレ詐欺よりたちが悪い。
 こういう輩に付入られる我々の腋の甘さにも多少の問題はあるのかも知れんがそれにしてもなんと詐欺師の多いことか・・ あまりにも腹が立つので入浴剤を入れて風呂に入ろう。今夜は登別の湯にするか。[E:smile]

テニプリ〜

カテゴリ:
Hmvrdf1m テニプリは面白い?!
 実は最近までテニスの王子様のアニメを見たことがなかった。ジャンプで連載されてることは知ってはいたがマンガの方も読んだことはなかった。去年あるオフミに参加したときも若い主婦の方々が(決して怪しいオフミではない ^^;)話題にし、カラオケで歌いまくっていた時もわし一人わからず蚊帳の外であった。
 しかし最近うちの嫁さんがテレビで見ていっぺんにはまってしまった。そこでレンタルビデオを借りてこいというので30巻借りて一気に見た。なかなか面白い!美形のキャラ、適度な友情、努力、荒唐無稽な技のオンパレードと受ける要素は満載だと思う。昔のスポ根アニメに比べればぐっと現代的だな。
 しかし難点もある。どう見てもキャラが中学生には見えんのだ。これは高校生だろう!![E:smile]なぜに設定は中学生なんだろう? 高校生という設定ならもっと素直に見れるのだが・・
 それにしても一ヵ月半でビデオ30巻はつらい。[E:shock] 見終わった後夫婦ともども真っ白に燃え尽きた。右のイラストは手塚部長そっくりのわしの自画像です。さあ、油断せず行こう!!

カテゴリ:
携帯からの投稿だが
うまくいくかな?
それにしても世の中
便利になったものだ
一昔前はこういうことは
考えられなかった
ネットは人と人の距離を縮めた
好きなときに発言でき
遠く離れた人と瞬時に出会える
だがその一方では負の側面も
もたらした
ネットを通した犯罪、心無い
中傷・非難

要は使う我々の心が問われてるんだろうな

帰りの電車の中で・・・

うまくUPできたかな?

カテゴリ:
今猛烈に悲しい。時代の流れとはいえあの電気の街日本橋が「アキバ」化しようとしている。何日か前の新聞に載っていたが家電販売では限度があるとのことで今後はアニメキャラやプラモデル・ホビー関係の街に特化していくそうだ。
 うーん・・確かに今はヨドバシカメラやビックカメラ、ヤマダ電機・コジマ等関東系の量販店の進出が著しく地元関西系の量販店は皆厳しい状況だ。以前は一般家電以外にオーディオの街としても名をはせ、アンプやレコードプレーヤー、カセットデッキ等を買いにわざわざ出かけて一日かけてあちこち見てまわったものとしては寂しい限りだ。ある意味青春時代をすごした街だから・・
 東京の秋葉原も日本橋と同じ家電の街であったが昨今は様変わりした。今年の5月に東京に行ったときに寄ってみたがもはや昔の面影は無い。ゲームとアニメキャラとケータイの販売店、更にコスプレ喫茶にコスプレ衣装の販売店、同人誌の販売店の街と化している。電子部品のジャンク屋には妖しげな外国人がたむろしているし・・(笑) どーにもこーにも個人的にはあまり寄り付きたくない雰囲気だ。
 大阪の日本橋もあんなのになるのか? 電気街では30〜40歳代のアニメキャラフアンをターゲットにする街を目指すそうだがなんだかな〜・・ 止めて欲しいな。(^^;)

 ちなみにわしはガンダムフアンです。
「認めたくないものだな、若さゆえの自分の過ちと言うものを・・」(爆)

これも読売グループ内の人事異動?

カテゴリ:
I40zysun [E:baseball] 例のナベツネこと巨人の渡辺オーナーが突然辞任した。うーん・・ どういうことだろうな〜? この人が大嫌いだと言う巨人フアンも多くて心の中では喝采を送ってる人も多いけどあまりに唐突すぎる!権力欲に凝り固まった人間がそう簡単にその座を捨てるわけがない!というのが世間一般の常識だ。下っ端をトカゲの尻尾切よろしく切り捨て自分は保身を図るのが普通だろう。すなわちそれが出来ないほど読売グループにこの件に関してなにかやばいことが起ころうとしてたのか? だって今まで散々ルール破りのような横やり入れておいて今更この程度(プロ球界の中ではドラフトに関して金が動くのは誰もが知ってる公然の秘密だったそうじゃん)の事で辞任するなんて誰も信じないよ。本人がしゃべらない限り真相は闇の中だ。
 それにしてもかわいそうなのは一場選手。野球部退部に追い込まれた。確かに金を受け取ったのは学生野球憲章のルール違反ではあったが彼を責めるのはちょっと筋違いかもしれん。なんか読売グループの保身のために一場選手の名誉も将来も平気で切り捨てたというように感じるのは私だけか? 明治大の別府監督も読売、巨人に対してカンカンに怒っているそうな。それも当然か、かわいい教え子がさらし者にされたようなものだし・・

 どっちにしてもオーナーを辞めたことでこれからは水面下で行動できるようになったんでかえってナベツネには好都合か?(笑)[E:baseball]


マンガはちょっと古いです。それにしても今年は阪神だめか〜・・

年金は必ず破綻する

カテゴリ:
Gxtvrro0  今さらながら国会で年金問題でえらい騒いでいるがここではあまり年金の内容などについては触れない。要するに今のままの年金制度が未来永劫続くかどうかということなのだが結論から言うと間違いなく『破綻』します。
 年金制度の基本がここのマンガにあるように『賦課方式』である以上、将来人口が減っていく日本では基本的に破綻は避けられない。賦課方式って言い方はかっこいいが基本的な仕組みは国ぐるみの『ねずみ講』・『マルチ商法』だからだ。今まで破綻せずに順調に維持されてきたのは人口が増加し、経済が成長し、国の信用があったからだ。支払いをする子会員が増え続ける限りねずみ講は破綻しない。だがいまや国の信用は失墜し、これから子会員も減り始める。破綻は自然の摂理なのだ。個人的には抜本的改革としては年金の財源を全面的に税金によるものするしかないと思う。その上で所得に応じた年金を乗せるかどうかというところだろうか。

 ところが政府与党の年金改革案はもっとも基本的なそこのところは無視して単に年金保険料を引き上げることしか言ってない。なぜ税金による年金制度への変更を考えないのか?理由は簡単、税金方式にすると今までのように厚生労働省の年金官僚たちが我々の年金を『ネコババ』できなくなるからだ。
 昨今我々が払った年金が彼らに食いつぶされてることが新聞・テレビで報道されているが、たとえば2003年の厚生年金の予算32兆7450億円のうち27兆1085億円が年金給付に使われ、10兆2985億円が国民年金に回された。そして2160億円が年金官僚たちによってつまみ食いされている。その内容はあの悪名高きグリーンピア等への天下り施設への投資が60億円、年金特殊法人の事業費(株式投資などで不良債権化している)や人件費(天下り官僚への退職金や給料もある)が540億円、公務員宿舎(家賃はほとんどタダ)・社会保険庁事務所の建て替え費などの施設整備費が37億円、年金徴収のための事務費や社会保険庁職員の給料、退職金の業務取り扱い費が1523億円だ。あきれたことに公用車や什器備品代までここから出てる。きっと江角マキ子へのCMギャラもここから出てるんだな。(爆)
 本来年金支払いに回されるべき年金保険料を行政の経費の支払いにまわすなんて常識ではありえない話だ。税金で負担すべきものだろう。しかも国家公務員の共済年金は一切そういうものには使われず、年金支給に100%まわされている。つまり公務員以外の我々民間サラリーマンの年金だけがネコババされているのだ。(厚生年金からは自営業者の国民年金に対しても資金を持ち出している。) 

 何度も言うが年金はすべて税金でまかなう仕組みにしなければもはや制度として持たないのだ。しかしそれをするとネコババできなくなるから従来どおりの賦課方式にこだわるのが年金官僚たちの本心なのだ。


このページのトップヘ

見出し画像
×